ウーマン

マンション売却の基礎知識

つみき

媒介契約をする会社選び

不動産会社はマンションの売買を仲介してくれる、とても重要な存在です。個人で不動産の取り引きをするのはリスクがありますが、不動産会社に任せればトラブルなく契約をまとめてくれます。ただし、不動産会社といっても星の数ほどあります。そしてそれぞれで得意分野もあれば、不得意分分野もあります。もしさいたま市でマンションを売却するなら、マンションの売買を得意にしている不動産会社を探すことが大切です。さいたま市にあるマンションの価値を知りたいなら、まずはさいたま市のマンションの市場動向に詳しい不動産会社に査定を依頼します。査定をすればマンションの市場価値が分かります。ただし、査定価格が高ければよいわけではないです。どうしてその価格になったのか、しっかり説明してくれる不動産会社が理想的です。理由もなく高い査定価格を提示してくる会社は、ただ契約が取りたいだけの可能性があります。査定を通じて満足できる対応をしてくれた不動産会社と媒介契約をします。媒介契約をしたからといって必ず売れる保証はなく、あくまでもさいたま市で販売活動をしてもらうための契約です。媒介契約には、複数の会社と結ぶ一般媒介と、一つの会社と結ぶ専任媒介があります。一般媒介の場合は販売活動の報告義務はないですが、専任媒介の場合は定期的な報告義務があります。それに一つの会社と契約をしたほうが契約を取るために頑張ってくれます。そのため、早く売りたいなら、専任媒介のほうが有利です。